少しでも安く印刷!裏ワザ大公開!

むげんプリントは全部無料ですが、ご家庭で印刷していただくので、紙代やインク代などのお金がかかります。
そこで、その費用を少しでも安くできるような裏技をお伝えします!

少しでも安くする方法4つをご紹介!

以下に安くできそうなところを4つご紹介します。
少しずつとはいえ、塵も積もれば…です。
見直せるところからぜひお試しください。

  1. インクを安くゲットする
  2. 紙を安くゲットする
  3. 印刷方法を工夫する
  4. 持っているプリンターを見直す

順番に見ていきましょう!

1. インクを安くゲットする

インクは「純正インク」と「互換インク」の2種類があります。
もちろん、純正インクのほうが
「発色がきれい」
「プリンターが傷みにくい」
「メーカー保証がある」
などといったメリットがあるのですが、とても高価なのです…。

互換インクだと純正インクの1/5〜1/6くらいのお値段で買えたりします。

発色については、このむげんプリントを印刷する場合であれば、高画質な写真や絵の印刷ではなく、文字を印字するので、互換インクでも仕上がりにはほとんど差がなく、問題ないかと思います。
プリンターの傷みについては、プリンターに備わっている「ヘッドクリーニング機能」を利用してクリーニングしてあげるだけでもだいぶよくなると思います。クリーニング方法は、メーカーや機種によって手順が異なるため、取り扱い説明書やメーカーのホームページをご確認ください。
メーカー保証については、一度でも互換インクを使用するとそのプリンターの保証対象から外れてしまうので、このあたりは自己責任といった感じです。

ちなみに我が家では長年、互換インクを使用していますが、プリンターは元気です!

2. 紙を安くゲットする

むげんプリントを印刷し、問題を解く分には、普通の「コピー用紙」で十分です。
大体500枚1セットで売っていて、アマゾンやアスクルで1枚1円しない程度で買えます。
もちろん大量にまとめ買いすれば、1枚あたりはより安くなります。
アスクルは業者向けのようなイメージもあるかもしれませんが、個人でも買えますので、これを機にのぞいてみてくださいね!
ちなみに、「インクジェット紙」や「写真用」「光沢紙」「厚手」などと謳われている用紙は1枚あたりがぐんと高くなりますので、ご留意ください。

3. 印刷方法を工夫する

印刷時の設定を少し変えるだけでインクを節約できます!

先ほどインクのところでも少しお伝えしましたが、やはりランニングコストで一番コストがかかるのがインク。そのインクを安く手に入れるのも大切ですが、そもそもインクをあまり使わずに印刷ができたら最高ですよね!

お手持ちのプリンターの設定にもよりますが、印刷時に設定を以下のように変えるだけで節約に繋がります。
①用紙は「普通紙」を選択
②印刷の速度は「速い/高速」を選択
③濃度は「7〜80%」程度を選択

一度設定したら、パソコンに記憶させておくこともできるので、毎回設定をいじらずに済みます。

4. 今あるプリンターを見直して、安いプリンターを賢くゲットする!

いまお持ちのプリンタはニーズに合っていますか?
家では文書ばかり印刷するのに、6色インクやカートリッジが一体型だったりしませんか?
それではランニングコストが高くなり、非常にもったいないです。
書類の印刷であれば、4色インクが搭載されていれば充分ですし、インクカートリッジは独立型のほうが、切れた色のみ交換すればいいので安く済みます。
ニーズに合わせて、ランニングコストの安いコスパのいいものを見つけましょう。

スポンサーリンク
むげんプリント
タイトルとURLをコピーしました